トップ

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

2020年01月01日

コナラっち茶  コナラっち


◆営業時間…平日 10:00~夕暮れまで

◆定休日……水・木曜日・第3日曜日
スポンサーサイト

このページのトップに戻る

鈴鹿の山と暮らし

2016年02月11日

道の駅 奥永源寺渓流の里
道の駅看板
宇賀渓から車で三重県と滋賀県の境、石榑トンネルを抜け12~3分、廃校後に昨年できた道の駅があります。
そこに立ててあった看板です。自然を大切に次世代に繋いでいこう、生態系を守ろうという心が伝わります。

昨日この道の駅で「鈴鹿の山と暮らし」と題して、1965年廃村になった滋賀県茨川集落最後の住人のおはなし会があり、BとM二人で聞きに行きました。もうすぐ60歳になられる筒井正さんという方で、幼少期の体験を話されました。
1960年代に電気、ガス、水道、車もない生活!と少々びっくりしましたが、10戸に満たない限界集落で税金を払えど、恩恵はなにもないという、行政から見放された地域であったようです。でも、その体験がすばらしく、幸せは金や物ではない、自然との共生の中にこそ心豊かな生活があると話される筒井さんの思いがひしひしと伝わりました。

さて、自分たちはどのように生きるか?何ができるのか?次世代に何が伝えられるか?深く考えさせられました。

このページのトップに戻る

大寒

2016年01月19日

1月21日から立春の前日までが大寒の時期。大寒は中国伝来の二十四節気の一つで、二十四節気は旧暦のなかでも月とは関係なく、地球から見た太陽の運行を二十四等分し、季節を知るために定めたものだそうです。
1月6日の小寒から大寒が終わるまでのの約30日間を寒の内と呼び一年でいちばん寒い時季と言われていますが、実際には大寒より立春(2月4日頃)の方が寒く感じられますので、コナラでは大寒から雨水(2月19日)まで土日のみの営業とさせていただきます。

自然に包まれて生きてきた先祖が、四季の中に読み取ってきた暦の知識は、味わい深いものを感じます。
気候が年々おかしくなっているこの頃ですが、現状を知りつつ、自然が与えてくれる四季の移ろいを感じていきたいと思います。

このページのトップに戻る

新年を迎えて

2016年01月07日

今年、もう7日になりましたが
コナラ2016年賀状

遅ればせながら、コナラ年賀状を掲載させていただきます。

とても温かなお正月でしたね。この年齢になると温かなのはありがたいのですが、そんな呑気なこと言ってる場合ではないようです。
人為での自然破壊、CO2排出等による気候変動は本当に恐ろしく思います。
今、私の二人の孫は3歳と4歳、この子たちを含め、未来を担う子供たちが大人になったとき、どんな地球になっているのか、どんな環境の中で生きていくのか、我々大人が今何をすべきか問われていることだと思います。

自然にとって、人間にとって良い年でありますよう。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

このページのトップに戻る

年の瀬と新年

2015年12月27日

カフェコナラは28日(月)より休業させていただきます。本年のご利用ありがとうございました。

新年は3日(日)より営業いたします。明年もよろしくお願い申し上げます。

なお、大寒(1月21日)より雨水(2月19日)までは土日のみの営業(第3日曜は休業日)とさせていただきます。

このページのトップに戻る

  1. トップページに戻る
  2. 次のページへ

プロフィール

カフェ&ギャラリー コナラ

Author:カフェ&ギャラリー コナラ
〒511-0266
三重県いなべ市大安町石榑南2999-5 宇賀渓内
TEL・FAX 0594-78-3045
携帯電話  090-9663-2168

メニュー

コナラメニュー2014目次

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。