トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  宇賀渓  >  森の手入れ

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かき氷 | トップページへ戻る | TAKEFU

このページのトップに戻る

森の手入れ

2014年06月06日

ネジキ
ネジキ
この木はネジキといいます。表皮がねじれています。落葉樹でつぼ型の白い花が一列に行儀よく並んで咲いています。
自生で生えた木だと思います。自生のものは行儀の悪いものが多く、枝を自由に伸ばします。
それだからか、下枝がどんどん切られ、こんなひょろひょろと上の方だけになっています。

伐られた枝
切られた枝がどっさり放ってありました。
せっかつぼみをつけて咲かんとばかりしているのに。
他にも、林床のコアジサイやサルトリイバラなど、いっぱい切られてしまいました。
林床の植物は歩いていても、いろいろ見られて楽しませてくれます。

杉林
どうせ切るのなら、人が植えすぎてひょろひょろの杉林を手入れしてほしいです。

自生の植物は、昔から、その土地に根付いたものや、その土地に合ったものが自分で発芽し成長したものです。人が植え管理した植林の木とは違います。森の手入れと言って、どのように育ち、どれだけかかって成長したかも考えることなく、眺めが悪いからとか邪魔だからというだけで切ってしまうというのは人間のエゴではないでしょうか。
人間が森を荒らした罪滅ぼしとかカーボンオフセットとやらで広葉樹を植えることは自然とは言えません。針葉樹と広葉樹の違いだけで人工林を増やすことになり、自然に二重の負荷をかけ、過ちを繰り返すことになるのでは?
今、各地で異常気象に見舞われていますが、これらも自然環境の人工的破壊によるところが大きいかと思います。

2~3年前から山ブームで、土日には驚くほどの人が山に入ります。
自然から遠ざかった人たちが山に入り、自分の足で登り、そして下りる。たいへんな体力と気力が伴うと思います。
危険と隣り合わせの山で、自然の偉大さと大切さを感じてほしいと切に思います。
楽で安全な登山などないと思います。

スポンサーサイト

かき氷 | トップページへ戻る | TAKEFU

このページのトップに戻る

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

カフェ&ギャラリー コナラ

Author:カフェ&ギャラリー コナラ
〒511-0266
三重県いなべ市大安町石榑南2999-5 宇賀渓内
TEL・FAX 0594-78-3045
携帯電話  090-9663-2168

メニュー

コナラメニュー2014目次

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。